【紫外線で空気環境対策『エアロシールド』導入

Share on facebook
Share on twitter
Share on email

東京・六本木にあるV2 TOKYOでは、お客様のさらなる安心・安全を最優先に考え、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止対策の観点から、新たに高度な空気環境対策が行える紫外線照射装置「エアロシールド」を導入しております。

エアロシールドの特徴について

特殊なルーバー(仕切り板)構造による紫外線の水平照射と独自の安全管理方法によって、人がいる空間でも24時間安全に室内の空気を除菌することができ、第三者研究機関の実証試験では実空間における浮遊菌の89.6%減少が証明されております。また紫外線照射は、CDC(アメリカ疾病管理予防センター)発行の「医療機関における結核菌の伝播予防のためのガイドライン」でも空気感染対策にも有効な方法として推奨されており、フロア内の空気を衛生的に保ちます。

同製品は大学病院や研究施設,大型スポーツ施設などでの導入実績があり、ナイトクラブ施設では初導入となります。

今までV2 TOKYOでは新型コロナウイルス感染症対策として、来場者すべてに対しAI顔認識体温検知ソリューションWatch Overを用いての検温や通り抜けるだけで全身を除菌出来るクリーンゲートシステム,錯体ナノコロイドによる抗菌・消臭・抗ウィルスコーティングなど、様々な取り組みを行っており、また新たな一手を打ち出します。