V2 TOKYO『錯体ナノコロイド(抗菌・消臭・抗ウィルス)コーティング』による新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大防止対策

V2 TOKYO『錯体ナノコロイド(抗菌・消臭・抗ウィルス)コーティング』による新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大防止対策

Share on facebook
Share on twitter
Share on email

V2 TOKYOでは全館に『錯体ナノコロイドコーティング』による抗ウイルス表面加工を散布しております。

錯体ナノコロイドに関して

錯体ナノコロイドとは、一般社団法人日本錯体ナノコロイド協会は最先端の技術により、白金(プラチナ)を4~数十ナノメートル(1ナノメートル=10億分の1メートル)という大きさの粒子に微小・ナノサイズ化を維持することに成功した素材のことです。

錯体ナノコロイド水溶液に関して

水溶液中に錯体ナノコロイドを均一に分散させ、再結合をさせない最先端の技術により様々な性能を発揮します。研究開発を進め水溶液の成分を安定させることで、錯体ナノコロイドに高い抗菌作用・抗ウイルス作用・消臭作用があることが確認され、更に繊維・タイル・ビニールなどの素材を選ばず簡単に固着できるということが分かりました。

今後も引き続き、新型コロナウィルス(COVID-19)感染症に係る状況を注視しつつ、感染予防・拡大防止に努めるとともに、お客様の安全・安心を最優先に考え、信頼していただけるように努めてまいります。